痛いところに使う|危険な歯周病は早期治療が大事|歯科に相談して的確な対処を

危険な歯周病は早期治療が大事|歯科に相談して的確な対処を

痛いところに使う

歯科矯正

初期の痛みを軽減

口の中には歯があり、歯は歯茎から出ています。歯磨きをするときなどは、歯をしっかり磨くようにしますが、時々歯茎に当たってしまうことがあります。痛みが出たり、出血が出たりすることもあります。歯列矯正をするとき、治療をし始めた時には器具が歯茎などに当たって痛みが出ることがあります。この時に専用のワックスをつけることで、歯茎に直接触れるのを防いでくれる場合があります。いくつかのタイプがありますが、歯列矯正用のワックスとして歯科医院などで購入することが出来ます。ちぎって、適切な大きさに丸めて痛みのある部分に差し込みます。すると、器具が直接肌に当たらないようになるので、痛みを解消することができます。医師に相談をすると、勧めてもらえます。

ちぎるか固まるか

薬を使うとき、同じ効果があるときでも使い勝手が異なる場合があります。その時は、使い勝手が良い方を選ばないと、後で苦労することもあります。歯列矯正をするとき、痛みがあるならワックスを利用すると良いとされます。痛みが出ているときに医師に相談をすると、いいものがあるとワックスを勧めてもらえます。では歯列矯正としてはどんな種類があるかです。まずはちぎって使うタイプですちぎって適当な大きさに丸め、それを痛い部分に押し込みます。それ以外のタイプとして、シリコンが入っているタイプがあります。こちらは、最初は軟らかいですが、時間が経過すると固まってきます。するとそのまま固定されます。しばらくもたせることが可能になります。

Copyright © 2017 危険な歯周病は早期治療が大事|歯科に相談して的確な対処を All Rights Reserved.